皮膚科でフォトフェイシャルを受ける時

皮膚科でフォトフェイシャルを受ける時

皮膚科でのフォトフェイシャルは、医師がきちんと対応してくれるので、安心して受けられるのが一番のメリットです。フォトフェイシャルは、肌のケアをするためのものです。

 

人によっては、フォトフェイシャルは見送った方がいいという人もいます。リスクが高く、フォトフェイシャルがおすすめできないという人は、妊娠している人、皮膚の病気がある人、糖尿病の人、日焼けで肌が黒くなっている人などです。

 

妊娠している時にフォトフェイシャルを利用した場合、お腹の子の成長に問題があるかどうかは、まだわかっていません。体内のホルモン分泌量が妊娠している時は変化しているため、お肌のメラニン色素が残りやすくなっていることも指摘されています。

 

日焼けしている人や皮膚疾患のある人は、皮膚科でフォトフェイシャルを受けても、改善しないで悪化してしまう可能性もあるのであまりおすすめできません。

 

肌のタイプは、人それぞれ違っています。自分の肌質はフォトフェイシャルを受けた時に果たして効果があるのか、皮膚科で診察を受けてもらうといいでしょう。

 

皮膚の微細な血管にフォトフェイシャルの光をあてることで、糖尿病の人は症状が悪化してしまう恐れがあるようです。

 

フォトフェイシャルの難しい肌質だと、皮膚科で判断される場合もあります。

 

肌タイプなどが理由で皮膚科でのフォトフェイシャルができないこともあるため、施術前に調べておくといいでしょう。


このページの先頭へ戻る