ビオチンとは

ビオチンとは

たくさんの人がビオチンのサプリメントを摂取しているといいます。ビタミンBの一種で、皮膚トラブルを改善する成分として使われているのが、ビオチンというものです。

 

ビオチンは水溶性のビタミンであり、ビタミンHと発見されたときは呼ばれていたそうです。後にビタミンB群の一種であることがわかりました。広く知られているのは、ビオチンという言い方よりもビタミンB7という名称ではないでしょうか。

 

ビオチンには、炎症を抑制するホルモンの分泌を活発にする効果があります。皮膚の状態を、皮膚のすぐ下にある毛細血管の血流を促すことで良くすることができます。

 

ビオチンはその他にも皮膚の保湿や、健康な髪を保つために不可欠なコラーゲンの生成にも関係しているといいます。美容や健康に良いと話題のサプリメントで、アメリカではアレルギー内科やスキンケア内科でどんどんビオチンが使用されています。

 

ビオチンのサプリメントはアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などのお肌の炎症を抑えるために使われています。

 

健康な人がサプリメントでビオチンを摂ることはほとんどないのは、ビオチンが足りなくなることはまずあり得ないからです。

 

美容目的やアトピーの解消のためにビオチンのサプリメントを使うという人はいます。


このページの先頭へ戻る